東京で医学部対策の予備校の探し方

東京は、日本の中心地であることから、大手企業の本社や官公庁など、地方都市にはない社会環境が結集している特別な場所と言っても過言ではないでしょう。そのため、地方都市に比べると学校関係における学力は全体的にかなりハイレベルなっている傾向が強いと言われています。大学ともなると更に難関の度合いが高く、ことに医学部については、他の学科よりも合格倍率が10倍くらい高いと言われます。近年は競争率も高くなり、高得点をとる必要や、受験科目もたくさんあり、膨大な学習量を学校内の通常の授業や短期講習などでは、受験対策としては追いつかないこともあります。そこで、学校外での学習で差をつける方法として予備校に通う学生も多いと言われています。適切なカリキュラムで効率よく学習するには有効です。

予備校の種類や学習指導方法を調べよう

医学部を受験するために東京で予備校を探すには、まず、予備校にはどんな種類や教育システムがあるのかを把握する必要があります。医学部受験対策の予備校には、大手の予備校や専門の予備校があります。大手予備校の場合は、基礎学習が達成していることを前提に授業が行われ、応用問題を中心に解いていきます。有名な講師がたくさん在籍しており、有効的な問題の解き方や解説を受けることができます。そのため、合格率の高さにも定評があります。しかし、一斉に授業が進められるため、授業中に個別質問がしづらいところが難点です。一方、医学関係の専門予備校では、個々の学力の程度によって少人数のクラスを編成しています。指導内容もクラスによって異なり、個別指導に近い形で学習することできます。質問のしやすさも特徴です。基礎学力に不安のある場合はこちらの方がおすすめです。

様々な条件の中で、自分に合った予備校を探そう

東京で医学部を受験するために予備校に通うことは、とても有効的な手段です。しかし、どのような学校に通っていても、最後は自身で復習をしなければ何も得られないことはいうまでもありません。基本的には勉強自体は一人で行うものです。大手予備校では、こうした復習作業は全て自力で行わないといけないので、学習への自己管理ができない人には不向きです。一方、医学専門系の予備校では授業から復習に至るまで、予備校側が管理しており、それに沿って学習していけば、自ずと学習内容が身につくことを強化したカリキュラムを組んでいるところが何よりもの強みとも言われています。受験先によって強化するものが異なります。自身の強みを引き出し、弱みを克服して受験できるよう、資料請求や説明会、体験学習等を利用して自分に合った予備校を探すとよいと思います。